次回フジロック参戦!

王家の谷でツタンカーメンと3つの墓を見学。古代の空気を感じてきた!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
悠久の旅人
音楽フェスと旅の情報などを中心に更新中。お役立ち情報をアップしていきます。好きなアーティストはMUSE,レッチリ、イエモン、打首獄門同好会等。
詳しいプロフィールはこちら

エジプトで有名な観光地、王家の谷です。

TVに出てくる機会も多いので一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

場所はルクソール西側。別名、死者の町(ネクロポリス)と呼ばれています。

岩山しかないこの場所は確かに死者の町ですね。

なかなか体験することのないお墓の中に!

ドキドキワクワクしながら見学してきました。

スポンサーリンク

王家の谷とは?

king-v2

王家の谷はファラオの墓がたくさんある場所。

はじめにこの場所に墓を作ったのはトトメス1世です。

それに倣ってその後のファラオがこの場所に墓を作ったのでこんなにも集まってるんです。

街から離れた場所にあるけど盗掘されるのを防ぐために選ばれた土地らしい。

ファラオの墓が集まってるけど、後の時代には王妃や、貴族も埋葬するようになり近くに墓があります。

作った職人は村に隔離されたりして盗掘を防ごうとしたみたいやけど、結局はうまくいかず盗掘されてしまったみたいです。

王家の谷にある墓の数

king-v3

発見されている墓の数は63基

発見された順番に番号がついている。KV〇〇というのが番号ですね。

埋葬されてる人物が特定できていない墓もたくさんあります。

王家の谷の墓の入場料は?

お得な選べる3墓セットありますよ!

ticket2

下のが3墓で160EGP(エジプトポンド)

ちなみに旅行に行った時は1EGP=6〜8円くらいやった。

上がカメラで撮影する場合のチケット。値段書いてないね。

50EGPくらいやったと思う。

3つ選んで入場した墓は

ラムセス9世

ramu9-1

入り口の横には看板があって墓の地図とみどころが書かれています。

ramuses1

ramuses2

風化していないせいか外にある遺跡でみたレリーフよりも彫りが深い気がします。

色も鮮やかに残っていて、文字によって色が違って絵文字というのがぴったりきますね。

ramusesu

こちらは掘られているのではなくて描かれている文字。

玄室

ramuses4

ここから降りていったところにミイラが埋葬されていた玄室があります。

ramuses5

ramuses6

ラムセス4世

ram4-1

KV2なので2番目に発見された墓ですね。

ramuses4-1

入り口はしっかり柵があります。ここでチケットとカメラを持ってる場合はカメラ用のチケットのチエックがあります。

どのお墓も奥に縦長の長方形の形をしていてシンプルやね。

tomb1

レリーフが壁一面に施されていて

光が当たらないので色が綺麗に残っています。

tomb2

ramuses4-2

顔が削られてますね。左下に落書きがあるのがわかりますか?

コプト教(エジプトのキリスト教)が迫害されて墓や遺跡に隠れてすんでいた時があるそうで、その時に落書きされたりしたみたいです。違う遺跡では最後の晩餐の絵が描かれてたりしますよ。

ramuses4-3

さっきの墓と壁画の雰囲気が違いますね。9世の墓より時代が違うからでしょうか?

その時の流行りとかもあるでしょうしね。

ramuses4-4

玄室の天井

ramusesu4-5

メルエンプタハ

 

mel1

meruennputaha

メルエンプタハ

メルエンプタハの墓は少し登ったところにありました。

そのせいか中にはいると他の墓よりも勾配が急。足元注意です!

メルエンプタハの墓

他の見た墓より状態は悪いですね。だいぶ削られたりしてます。

メルエンプタハの墓

メルエンプタハの墓

途中で横幅が広がってる場所があって玄室の前に石櫃が展示してありました。蓋でしょうか。

石櫃

石櫃

玄室入り口

至聖所入り口

ミイラが入れてあった石櫃 他の棺と石の材質が違う気がします。

tomb3

この巨大な石櫃を運ぶのは大変だったやろなー。

ツタンカーメンの墓

tutan

ツタンカーメンの墓は唯一盗掘されていなかったので、丸々残っている。

それもあって有名なんやろね。

盗掘されなかったのはちょうど真上にラムセス9世の墓があって見つかりにくかったみたい。

墓も若くして亡くなって作る時間がなかったからか小さいね。

ticket1

チケットは200EGP。

装飾品とかは博物館にあるけど、ミイラは墓の中に残ってました。

ツタンカーメンの墓は撮影禁止です。

ツタンカーメン1

発見当時の様子が看板に書かれていたのでこれで勘弁を!

カメラ首からかけたまま入ってたら、中の警備の人に写してないか画像チエックされたよ。

まとめ

古代の空気は感じていただけたでしょうか?

実際に墓の中に入るという体験はすごく貴重でした。

岩山を掘って作ってるからか、他の遺跡とはまた違う雰囲気で下へ下へと降りていくと広がっている玄室。

鮮やかな壁画に神秘的なものを感じましたね。

埋葬された時は金銀財宝であふれてもっと華やかだんたんやろなー。

さて観光の後はナイル川クルーズ船でまったり。

ship1

海じゃないので風がべたつかず爽やかです。夕日が綺麗でぼーっと眺めてました。

ship2

次は同じルクソールの反対側 東海岸にあるカルナック神殿に行ってきました。

カルナック神殿の観光スポット。世界最大級の神殿は大迫力!

よかったら最初から読んでくださいね。出発編はこちら

この記事を書いている人 - WRITER -
悠久の旅人
音楽フェスと旅の情報などを中心に更新中。お役立ち情報をアップしていきます。好きなアーティストはMUSE,レッチリ、イエモン、打首獄門同好会等。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅と音楽を楽しもう! , 2018 All Rights Reserved.