音楽定額配信おすすめは?

メトロック東京2019参戦レポート。5月ってこんなに暑かった?

 
メトロック東京
この記事を書いている人 - WRITER -
悠久の旅人
音楽フェスと旅の情報などを中心に更新中。お役立ち情報をアップしていきます。好きなアーティストはMUSE,レッチリ、イエモン、打首獄門同好会等。
詳しいプロフィールはこちら

メトロック東京2019の1日目に参戦して来ました。
いい天気は良かったのですが、いい天気すぎ?真夏日となったこの日。
5月でこんなに暑いとは。今年の夏は長そうです。
会場の雰囲気などを中心にレポートしたいと思います。

スポンサーリンク

大阪から会場まで

開演が11時30分なので朝に大阪を出発しても十分間に合います。
始発で行こうと新大阪駅へ。
自由席でチケットを取ってギリギリに始発の時間についたのですが、自由席はいっぱい。
2本後の新幹線にすることにしました。すると
かなり空いてる!
みんな始発に乗ろうと考えるものなんですね。そのまま爆睡して東京駅まで9時前に到着して京葉線へ。
ちらほらフェスへ向かう人がいてますが、京葉線はディズニー行きの人で混んでます。
快速だったので10分ほどで最寄駅の新木場へ到着。めっちゃ近い。さすが都会型フェスですね。
シャトルバス乗り場
新木場からはシャトルバス乗り場まで10分ほど歩きます。ちなみに会場へのルートとしては

  • シャトルバス
  • 都営バス
  • タクシー
  • 徒歩

があります。
都営バスは会場の入り口前にバス停があるので便利ですよ。徒歩はちらほら見かけたけどかなり歩きます。
開演2時間前だったのでシャトルバスは10分ほど並べば乗れました。
リストバンド交換所
そこからシャトルバスで15分ほどで会場から少し離れたりリストバンド交換所前に到着です。
チケットを交換して10分ほど歩いて会場に到着

メトロック東京の会場

メトロック東京は若洲公園で開催されます。東京湾の島になっているところにあって普段はキャンプやバーベキューができる公園です。
グッズ売り場
会場に入ると左側にすぐにグッズ売り場があります。
クローク
その奥にクロークがあるので荷物はここに預けてしまいましょう。
フードエリア
入り口から右側に少し歩いて行くとフードエリアになります。ここまではリストバンドなしでも入れます。
各ステージへの入り口が別々になっているので入場ごとにリストバンドを見せて出たり入ったりするというのがメトロック東京のスタイルですね。

メトロック東京のステージ

エリアマップ
メトロック東京のステージは3ヶ所です。

  • WINDMILL FIELD
  • SEASIDE PARK
  • NEW BEAT SQUARE

WINDMILL FIELD

WINDMILL FIELD
一番大きいメイン会場はWINDMILL FIELDです。
名前の通り巨大な風車(風力発電用)があって風が吹いてくると回りだして迫力満点。
その下で演奏しているのでかなり巨大なステージセットですね。
WINDMILL
後方や脇には木があるので日陰で休憩できます。

SEASIDE PARK

SEASIDE PARK
2番目に大きいSEASIDE PARKは周りが木に囲まれているような場所です。
SEASIDE
休憩したいときはこの後方エリアの木陰あたりがゆっくりできます。
東京湾
木の後ろには東京湾が広がっていますよ。

NEW BEAT SQUARE

NEW BEAT SQUARE
会場入り口から右に行くとWINDMILLで左に行くとSEASIDEになって両端に分かれているのですがその間にあるのがNEW BEAT SQUAREです。
駐車場のようなところを利用して作られているのであまりゆとりのない感じ。
そんなに大きくないので一杯になると入れません。
東京会場はシートエリアはないのですが、木陰などは小さいシートを敷いて休憩していてもセーフなようです。
フードエリア
ステージでない飲食エリアの横の方ではシート拡げて荷物置きや休憩スペースを確保しているところも見られました。

会場に入るとまずは腹ごしらえ

フェス飯を食べる気で来ているのでまずは気になるメニューで腹ごしらえです。
フェス飯も楽しみの一つだと思うのですが、スムーズに食べるには朝食を控えめにして会場到着すぐ腹ごしらえするのがあまり並ばなくてたべれますよ。
開演前の時間帯くらいはどの店も暇そうにしてますし。その後夕方くらいになってもう1食食べるとスムーズです。
肉そば
本日はサムギョプサルの肉そば。ボリューム満点でエネルギーチャージです。
そして暑いのでビールが美味しい。

ライブ

WINMILL FIELDのトップはフレデリックで初めからかなり盛り上がりましたね。
その後NEW BEAT SQUAREにてレルエを見ました。情報なしで行ったんですけどかなりよかった。
当日、新しいMVを解禁ということでだったので貼っておきたいと思います。


この日は真夏日ということですでに日焼けしてる感がすごい。顔は日焼け止めは塗ってたんですけど、腕塗ってなかったんで焼けました。
その後はWINDMILL FIELDにてKEYTALKを後方から見て早めにSEASIDE PARKへ移動して夜の本気ダンスでレッツダンス。
でまたSHISHAMOを見るためにWINDMILLに戻るという。。。
そんなに遠くはないのですがSEASIDE PARKが出入り口が狭いのと移動の通路もそんなに幅広くないので演奏終了後などはかなり混雑します。
早めの移動が必要ですね。ダッシュでとかは厳しいです。
その後は2回目のフェス飯タイム。牛タン麦とろ飯でエナジーチャージです。
そしてWINDMILLに戻ってKANA-BOONを待機。かなり前の方で見れて盛り上がりました。
疲れてきたので今度は移動せずにWINDMILLNOバーで酎ハイを買ってまったり休憩モード。
してたらまだ開始まで時間あるのに続々と人が。。早めに前の方に行きます。
その人気アーティストはUVERworld。
40分前くらいから立って待ってましたが、リハーサルでもすでにみんなノリまくり!
本番はすごかったですね。
好きな曲ALL ALONEは感動しました。
日帰りだったのでここで終了!ということで帰り道に。
帰りも行きと同じ場所でシャトルバスに乗れます。都営バスも増便してるみたいで結構くるのでシャトルバス乗り場まで歩くの疲れたって方はそっちに乗ってもいいですね。
帰りのシャトルバスは駅の近くに止めてくれるのでそんなに歩かなくても大丈夫です。

まとめ

削りイチゴ

今年は暑すぎでしょ。すでに夏フェスでした。
何と言ってもWINDMILL FIELDの風車は迫力満点ですね。海の上にあることもあり風が強いのでフルドライブしてました。
他のフェスより規模に比べて会場が狭いですが快適になるよう配慮されていると思います。
東京からすぐとアクセス抜群なので便利ですね。
メトロックでたくさん写真撮ったならオリジナルのアルバムを作るのがおすすめ。
その時の思い出なんかも書き留めておくと後で見るとき楽しめますよ。
簡単に編集出来て製本になって届くので友達や恋人にプレゼントするにもぴったりです。

この記事を書いている人 - WRITER -
悠久の旅人
音楽フェスと旅の情報などを中心に更新中。お役立ち情報をアップしていきます。好きなアーティストはMUSE,レッチリ、イエモン、打首獄門同好会等。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅と音楽を楽しもう! , 2019 All Rights Reserved.