フェスを楽しむための準備リスト

室内フェスに行く時の持ち物一覧!これさえあればOK!

 
フェス
この記事を書いている人 - WRITER -
悠久の旅人
音楽フェスと旅の情報などを中心に更新中。お役立ち情報をアップしていきます。好きなアーティストはMUSE,レッチリ、イエモン、打首獄門同好会等。
詳しいプロフィールはこちら

フェスは野外というイメージの人もいるかもしれませんが、室内でも大きなフェスが開催されています。
室内フェスのいいところは天候に左右されず、快適に楽しめるところですね!
フェスは1日を丸々楽しむので、あると便利なものをピックアップしています。
最後に一覧にしてまとめているので出かける前にもう一度チェックしてしてみて下さい。

スポンサーリンク

室内フェスに行く時の持ち物

必ず持って行く持ち物

チケット

モンバスチケット
チケットがないと入れないので、最重要です。前に行ったフェスで、忘れている人に遭遇しました。
チケットの発券も、予約番号やメールが必要になるので、事前に行っておいた方が安心です。玄関を出る前に、再度確認しましょう。

交通チケット(航空券・新幹線・ICカード・シャトルバスチケットなど)

TICKET

遠方への遠征の場合、新幹線や航空券などの予約時間が、思い込みで間違っている場合もあるので、確認を再度しておいた方がいいです。
航空券がeチケットの場合は、24時間前からチェックインできると思うので、チェックインしておきましょう。
以前、ネットでチェックインできなくて、おかしいなと思いながら空港に行ったら、席が確保されていなかった事がありました。
早めに行ったので、少し待たされて予定通りの便に乗れましたが、確認しておいて何かあれば、問い合わせしておくと安心ですね。

財布(現金&電子マネー)

最近は、ほとんどのお店が電子マネーに対応しています。
電子マネーを、取り出しやすいカバンのポケットなどに入れておくと、財布の出し入れや、お金のやり取りをしなくていいので、商品を受け取るときにスムーズです。
フェスで使用できる、電子マネーの種類を確認しておきましょう。
僕はiDを使用していますが、使えなかったフェスは今の所ないですね。
一部、現金支払いのみの店舗もありますが、地元のお土産物とかを販売している、お店が多い気がします。
世の中ではスマホ決済が増えてきていますが、まだフェス会場では対応していないようです。
僕は普段の財布とは別に、コンパクトな小銭入れで小銭とiDのカードが入るものを持って行ってます。
さっと出せるので便利です。

タオル

タオルはグッズでも買えるので、現地調達でもいいですが、行くまでの間に並んだり汗をかくこともあるので、最低限ハンドタオルは持って行っておきたいところですね。

あると便利な持ち物

ウエットシート(制汗シート)

ウェットシートは、コンパクトなポケットティッシュタイプのものを、持っておくと便利です。
僕は制汗シートを持って行って、手を拭きたい時など、ウエットティッシュがわりに使っています。

ペットボトルホルダ


ペットボトルを持ち歩く時に便利なのが、ペットボトルホルダです。フックでカバンやベルトに引っ掛けれるので、カバンのスペースを取らずに便利ですよ。

モバイルバッテリー


行き帰りでも携帯は色々使うし、現地では写真を撮ったり必需品なので、日帰りでも小型のモバイルバッテリーがあると、安心です。
フェス会場にも、充電ステーションがあるところが多いですが、携帯を置いておくわけにはいかないので、充電中はその場で待つことになります。
せっかくのフェスなので、時間のロスは無くしたいですよね。1個持っておきましょう。

ショルダーバック・リュック・サコッシュなど


着替えなどを持っていく場合、大きい荷物を持ってずっと移動するのは、大変ですし疲れます。
ステージの前の方にも行きにくいですよね。
大きな荷物はクロークに預けて、必要なものだけ入るコンパクトなバックで楽しみましょう。

着替え

一日中、楽しむと汗だくです。そんな時に着替えがあれば、さっぱりして帰れます。現地でフェスTを購入して、着替える人も多いですよね。

広告

野外フェス持ち物リスト(一覧)

必ず持っていくもの

  • チケット
  • 交通チケット(航空券・新幹線・ICカード・シャトルバスチケットなど)
  • 財布(現金&電子マネー)
  • タオル

あれば便利なもの

  • ウエットシート(制汗シート)
  • ペットボトルホルダ
  • モバイルバッテリー
  • 着替え
広告

クロークを活用しよう!

クローク
着替えやグッズのTシャツなどを買って、荷物が多くなったりする時は、預けることが出来るクロークのサービスを利用すると、身軽に快適にフェスを楽しめます。
クロークは大きなフェスであれば用意されています。
70Lのポリ袋(小さいスースケースが入るサイズ)が多く、袋に荷物を入れて、袋の番号が書かれたシールに、自分の名前・携帯電話番号を記入して、預けます。
引き取りは、袋の番号が書かれたシールの裏紙を見せるのと、携帯電話の番号の確認で引き取れて、1日の間で何度でも預けたり、引き取ったりすることができます。
利用料金は1日1000円の場合が多いですが、友達と行くなら袋が大きいので一緒にシェアすればお得に使えますね。

広告

まとめ

室内のフェスは空調も効いているので快適で、季節を問わず気軽に楽しめるので、フェスに行ったことない方にもおすすめです。

SKY ROUNGE
休憩スペースも多く取られていることが多いので、疲れたら休んで体力回復するといいですね!
忘れ物には気をつけて、思いっきりフェスを満喫しましょう!

この記事を書いている人 - WRITER -
悠久の旅人
音楽フェスと旅の情報などを中心に更新中。お役立ち情報をアップしていきます。好きなアーティストはMUSE,レッチリ、イエモン、打首獄門同好会等。
詳しいプロフィールはこちら

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 旅と音楽を楽しもう! , 2019 All Rights Reserved.