リバプールで1泊 – イギリス旅行記(冬編)⑥

試合が夜開催なので、リバプールに1泊することにしました。

ユーストン駅から出発

前日につづいて、ユーストン駅から出発です。試合は夜からですが、観光もしたかったので、午前中には出発しました。

まずはホテルにチェックイン。ロンドンで宿泊しているホテルと同じぐらいの宿泊料金だったんですが、明らかにグレードが高かったです(笑)新しめのホテルだったこともあってキレイで、テレビも大きかったです。また、同じく朝食付きだったんですが内容が全く違うものでした。まぁ、大都市と地方都市とでは、違うのは当然ですね。

リバプール観光

行きたいところはいっぱいありますが、夜から試合なのであまり予定を詰め込めません。ホテルから近いAlbert Dock(アルバート・ドック)とLiverpool ONE(リヴァプール・ワン)をお散歩です。

アルバート・ドック

アルバートドック

赤レンガの建物で、カフェや雑貨屋さんなども入っているので、たくさんの人で賑わっています。

アルバートドックのショップ

ビートルズのグッズなんかも置いてありました。リヴァプールFCのグッズもありましたが、おそらくオフィシャルではありません。

ショッピングモールのリバプール・ワン

アルバート・ドックからも歩いていけるところに、リバプール・ワンはあります。ショップなどが入っている商業施設です。

リバプールFCのオフィシャルショップも入っているので、今回はここで購入。試合の日はスタジアムのショップは混雑するので、こちらで買い物を済ませます。Tシャツや小物を買いましたが、スタジアムのショップと比べて規模が小さかったので、少し物足りなかったです。

試合観戦

今回は2階席の一番前です。アンフィールド・スタジアムは2階席でもかなりピッチから近く感じます。古いスタジアムだからでしょうか。最近出来たスタジアムはどこもピッチから遠くて見づらい気がします。なので、こういうスタジアムはずっと残っていて欲しいものです。

また、ゴール裏からも近かったので、現地の熱狂的なファンの応援やチャントが聞けました。生の声は鳥肌ものです。

試合も無事勝利で大満足でした!

そして、また歩いて駅の方へ向かいます。1時間弱歩きますが、今日はロンドンに帰らずリバプール泊なので、ラクちんです。

ビートルズゆかりの地

翌日は、駅に向かう途中、ビートルズゆかりの地を通りました。

マシュー・ストリート

マシュー・ストリートです。

ビートルズ

今回は1泊でしたが、今度はもっと滞在して、昨日行ったアルバート・ドックにあるビートルズの博物館とか、もっと観光を楽しみたいなぁと思いました。バスツアーなんかもあるようなので、いつか参加してみたいです。

 

つづいては、ストーンヘンジです♪