年越しカウントダウン! – イギリス旅行記(冬編)④

テムズ川のカウントダウン

テムズ川沿いで行われる年越しカウントダウンの花火。
大人気で、数年前まではいい場所で見ようとテムズ川周辺の場所取りが大変だといいましたが、今では有料になっているそうです。

また、周辺のホテルも随分前から予約でいっぱいになるそうです。そりゃそうですよね〜。ホテルの部屋からロンドンアイやビッグベンをバックに花火が見られたら最高です。

どこから見るか考える

まずはじめに、どこから見ようかと思いついたのが、トラガルファー広場。こちらからも花火が見れるので人がたくさん集まってきます。ですが、考えてみると滞在するホテルからは、テムズ川を越えて行かないといけない場所にあります。
早い時間から行ければいいですが、夜から向かうとなると、テムズ川を渡るのは人が多すぎてまず無理でしょう。また、地下鉄に乗ることもできますが、こちらも混雑が予想されるので、テムズ川を渡らなくてもいいところを探さなければなりません。
いろいろ探してみると、テムズ川周辺に小さな広場のようなところがいくつかあったので、当日行けそうなところに行こうということになりました。

カウントダウン当日

そして当日、カウントダウン1時間前にはテムズ川周辺に到着するように出発。テムズ川方面に向かう人達がたくさんいるので、ついて行きました。みんなと同じ方向に行けば、たどり着くでしょうということで、マップを見ることもなく歩いて行きます。
そしてだいぶ人が増えてきて、いよいよテムズ川に近づいてきた雰囲気です。
ですが、なんと直前で道が封鎖されていました。そもそも別に入り口が決められていて事前に封鎖されていたのか、これ以上人を入れると危険という判断で封鎖したのか分かりませんが、これ以上近づくことができませんでした。
そして、入れなかった人達が道に溢れていますが、なんだか歩行者天国のようになっていて、道が広場のようになっています。
回りは建物に囲まれているし、花火は諦めるしかないのか?と思っていたら、

バーン!!

と花火の音が。そして、建物の間から花火が見えるじゃないですか!

テムズ川のカウントダウン

きっとみんな私達と同じように花火を見ることは諦めていたのでしょうか、花火が上がるたびに大歓声があがります。

ロンドンアイやビッグベンをバックに花火というわけにはいきませんでしたが、ロンドンで年を越すといういい経験ができました。花火を見ている間、日本ではもうすでにお昼の15時なんだよなぁ〜と不思議な気分になりましたけどね。

明日も朝が早いので、花火が終わるとともに早々にホテルに戻ります。日本ではカウントダウンのあと初詣に行ったりしますね。ロンドンの人達はこれから盛り上がるんでしょうね。

 

明日はフットボール観戦のため、マンチェスターに向かいます♪