ロンドン観光地巡り1 – イギリス旅行記(冬編)③

今回は、前回行けなかったところを中心に回ります。

グリニッジ天文台

ロンドン中心地より少し離れたところにあるグリニッジへ行きました。目的は、地球を東西に分ける子午線。東経0度、西経0度の場所です。

地下鉄では行けず、途中でDLRという地上を走る電車に乗り換えます。この電車、なんと改札がなくて、通路の途中にオイスターカードをタッチする機械があります。この機械が小さいので見過ごしてしまいそうでした。タッチしないと、車内で検札があったりするようなので、注意が必要です。

グリニッジ天文台

こちらがグリニッジ標準時を表示している時計です。

そして子午線はこの門の中にあるのですが、敷地内に入るのは有料です。しかし、この門の外にも子午線はあるのです!もちろん外なので、無料。ということは、行列です(笑)私達も外で十分かなということで、行列に並びました。

グリニッジ天文台の子午線

真ん中の線がちょうど経度が0度の子午線です。

この日は天気が悪く、雨が降ったり止んだりしていました。天気が悪いのにこの行列だったら、晴れている日はもっと長い行列になっているのかもしれませんね。

そんな天気の悪い中、旧王立海軍学校や、国立海洋博物館、世界最速を誇った船・カティーサーク号を見学してきました。

コヴェント・ガーデン

午後はCovent Garden(コヴェント・ガーデン)に行きました。前回もこの駅には降り立ちましたが、キャス・キッドソンにおみやげを買いに行っただけだったので、今回はゆっくり回りました。こちらはメジャー観光地ということもあって、人が多いです。

アンティークなマーケット

敷地内にApple Market(アップル・マーケット)とJubilee Market(ジュビリー・マーケット)があります。アンティークなものが多く並んでいましたがよくわからないので、マーケットの雰囲気を味わいます。

またまたキャス・キッドソン

前回の旅行でもCath Kidston(キャス・キッドソン)で結構お土産を買い込みましたが、今回もこちらのお土産が中心です。今回は、アフタヌーンティーグッズを買いました。紅茶を飲むためのティーカップ&ソーサーと、アフタヌーンティーには欠かせない三段スタンドを購入。

お会計時、店員さんに「いいの選んだわね」みたいなことを言われました。そして、例によって返し方が分からないので、とりあえず笑うしかできませんでした。こういう時、英語が話せたらなぁと実感してしまいます。

詐欺にあいそうになる

道を歩いていると、おじさん〜お爺さんぐらいの年齢の方から話しかけられました。

「一緒に写真を撮らないか」ということと、メモ帳みたいなのを差し出して「住所を書いてくれれば撮った写真を送ってあげる」ということを言ってきました。分からないというジェスチャーをして逃げました。おそらく写真を送ってあげるからお金をちょうだいっていう詐欺でしょう。

以前にロンドンに行ったことのある知り合いからも聞いていましたが、ホントにいるんですねー。この知り合いも詐欺に合いかけていて、造花を胸ポケットに入れられて、お金をとられそうになったと言っていました。

いろんな詐欺があるんですね。とりあえず、近づいてくる親切な人は危険と疑ったほうが良さそうです。知らない人に突然親切にする人なんていませんからね。気をつけましょう。

 

この日の夜は、年越し・カウントダウンです♪