スタジアム見学ツアー – イギリス旅行記(夏編)⑤

ふたたび列車に乗り、ロンドンを離れます。

本日はスタジアム見学ツアーのはしご!リバプールとマンチェスターに向かいます。

リバプールFCスタジアムツアー

まずはリバプールへ向かいます。1度試合観戦で行っているので、勝手が分かります。列車からバスに乗り継ぎ、ふたたびアンフィールドスタジアムにやってきました。

ネットから予約を済ませていたので、受付でeチケットを提示します。そして外には同じスタジアムツアーの参加者が約20人程集まっています。

裏口から内部に入ります!

スタジアムツアー

プレスルームや、インタビュールーム、ドレッシングルームなど、普段は入れないような所を見学させてもらえます。ツアーガイドさんがいろいろ説明してくれますが、例のように全く英語が分からないので、雰囲気を楽しみます。ここに来れただけで満足なのです。

特に選手のドレッシングルームはテンションあがりまくりでした。

その後、ミュージアムを見学しました。これまでとったトロフィーや過去の選手のユニフォームなどが展示されています。

見学が終わって、最後はグッズを買い込みます。服やバッグ、クッション、マフラー、ぬいぐるみ、マグカップ、ピンバッチなどなど…お土産で一番お金を使ったのはここです(笑)

続いて、マンチェスターに移動します。

マンチェスター・シティFCスタジアムツアー

リバプールからマンチェスターも列車で移動、約1時間程で到着です。

駅からスタジアムまでバスもあるようなのですが、事前に調べてもよく分からなかったので、歩いて行くことを決めていました。

途中、リスに遭遇しました。

マンチェスターの野生のリス

ちょこちょこ走り回ってて、かわいいー!

野生のリスがいるなんて、なんてのどかなんでしょう。

そして、スタジアムに到着です。

マンチェスター・シティ

メールでスタジアムツアーの予約はしていたのですが、当日ツアー代金を支払うことになっていた為、受付へ。するとオフィスの方へ案内され、クレジットカードで支払いを済ませました。

ツアーの参加人数は8人。す、少ない。

しかも、なんとそのうち半分の4人が日本人!他にも日本人がいたので安心しましたが、人数が少ないのでなんだか落ち着きません(笑)

最初にツアーガイドさんが、英語が話せるのか聞いてくれて、日本人全員首を振ってノー。写真撮っていいからね、とジェスチャーを交え伝えてくれて、あとは、難しいことは言わず案内してくれました。やさしい。

こちらでは、プレスルームやインタビュールーム、ドレッシングルーム、トレーニングルームなどを案内してもらいました。さらには、VIPルームにも!

エティハド・スタジアム

そして、こちらはVIPシートというんでしょうか。おそらく来賓の方が座られる席だと思いますが、肘掛けもあるし、明らかにシートの質感が違います。座らせてもらいましたが、一般の硬い席とは大違いでした。

スタジアムツアーを終えて、スタジアムの外にあるショップにグッズを買いに行きました。もう帰りは荷物がいっぱいです。

試合の日の帰りの列車がいっぱいで座れなかったので、帰りにまた座れないんじゃないかと心配しましたが、席に余裕があって大丈夫でした。試合の日だけは注意した方がいいのかもしれません。

 

明日はまた、ロンドン観光です♪