我が家のスーツケースの話

3つのスーツケースを使い分けています

我が家には3つのスーツケースがあります。

それぞれ大きさが異なり、用途や期間によって使い分けています。

大(68L・1週間程度)

長期(1週間以上)の海外旅行サイズです。

まず国内旅行でこのサイズを持っていく人はいないくらい大きいです。

行きの荷物は半分も入っていませんが、帰りはお土産でパンパンになります。

中(53L・3泊4日程度)

だいたい3泊4日程度の旅行に適しているサイズです。国内、海外どちらにも使えて1つ持っていると便利かなと思います。

夫婦2人で一週間以上の海外旅行に行くときは、大と中の両方を持って行くとちょうどいいです。

小(22L・機内持ち込みサイズ)

機内持ち込みサイズのスーツケース

基本的に、一人で帰省する時に使用しています。

機内持ち込みサイズでデザインに惹かれ選んだこちらのスーツケースですが、22リットルというのは、あまり荷物が入りません。

冬なら1泊分、夏なら薄手の服でギリギリ2泊分いけるかなといった感じです。

お土産はほとんど入らないので別で持つこととなります。

デザインを優先してこのサイズになってしまいましたが、同じ機内持ち込みサイズでも、もっと容量が大きいものもありますので、これから機内持ち込みサイズを買われる方は、容量優先で選んだほうがいいかと思います。

スーツケースの選び方

機内持ち込みサイズは注意が必要

機内に持ち込める荷物のサイズは航空会社各社で違うので、注意が必要です。

私は初め、次に乗る予定の航空会社のサイズで探していましたが、今後の事を考えてなるべく多くの航空会社の規定におさまるサイズを購入しました。

2016/12/3追記:航空会社各社の機内持ち込みサイズについて調べてみました。

www.travel-note.info

大は小を兼ねる?

大は小を兼ねると言いますが、スーツケースに関して一度失敗したことがあります。

台湾に弾丸旅行に行った時、どちらのスーツケースを持って行くか悩みました。

大サイズ、または中サイズか悩みました。大は小を兼ねるから、大きいのでいいよね?ということで一番大きいサイズを持っていくことにしました。

そして、帰りの荷物まとめてみると、中身はスカスカです。お土産を全部入れても半分ぐらいしか埋まりませんでした。一応荷物が中で動かないように衣類ですき間を埋めたつもりでいました。

ですが、帰ってみていざスーツケースを開けてみるとポテトチップスの袋が破れぐちゃぐちゃに!また、カップラーメンもヘコんで袋が破れ、かやくが出てしまっていました。帰国早々、疲れているのに掃除が大変でした。

お土産で買った缶ジュースがスーツケースの中で暴れていたんですね。中身に余裕がある状態だと、動いてしまうようです。

大は小を兼ねると言いますが、状況に応じたサイズ選びが大事ですよ。