寝台特急・サンライズ瀬戸 – 四国旅行①

7月の3連休を使って、四国の東側、香川県と徳島県へ行ってきました。

3連休は予約でいっぱい

寝台列車、一度乗ってみたかったんですよね。3連休ということで予約が取れるか心配でしたが、なんとかシングルの個室をおさえることができました。

旅行代理店にお願いしていて、発売日当日に代理店が予約を取るという形になります。希望としてはツインの部屋、もしくは上下2段になっているシングル・ツインという部屋が良かったのですが、すぐに埋まってしまって取れませんでした。さすが、大人気のサンライズ号です。

他にも、簡単な仕切りで区切られただけのオープンな車両もあります。こちらの方が、だいぶリーズナブルなので、学生さんなどお安く済ませたい方はいいかもしれません。

www.jr-odekake.net

金曜の夜に出発

東京駅を22時に出発し、翌朝7時半頃に高松駅に到着予定です。車中で1泊、香川で1泊の2泊3日の四国旅行です。

サンライズ瀬戸

初めての寝台列車にわくわくです。

サンライズ瀬戸の1階からの景色

車両は1階と2階に分かれていて、私達は1階です。そんな車中からの眺めがこちら。目線がちょうどホームの地面すれすれです。

また、下の方が揺れが少ないらしいです。2階に行っていないので分かりませんが、私達は基本どこでも眠れるので、揺れがあって眠れないということはありませんでした。

そして、部屋は別々ですが、一箇所に集まって夕食の時間です。

駅弁

東京駅構内のお店で、お弁当やおつまみを買ってきました。東京駅にはおいしそうなお惣菜などの食べ物がたくさんあって迷ってしまいます。仕事終わりでお腹もペコペコなので、早々に食事をしながら出発です。

この日の日中も仕事があったので疲れていたのか、お腹いっぱいになったら眠たくなってきました。明朝の日の出も見たいので、日が変わるころには就寝です。

瀬戸大橋を渡る

翌朝、出雲行きと高松行きに分かれるために岡山駅で停車します。その切り離しを見るために、車両を降りて見に行く人もいます。

切り離し後、いよいよ瀬戸大橋を渡ります。

瀬戸大橋を渡るサンライズ瀬戸

もう随分日が昇ってしまっていますが、夏なので、日が早いのは仕方のないことです。穏やかな海ですね〜。瀬戸内海の風景は、とても良いものでした。

高松駅に到着

サンライズ号

定刻通り、7時半頃には高松駅に到着しました。ここからはレンタカーで観光します。

サンライズ号に別れを告げ、駅の外に出てみると、広場が広がっています。高松駅ってもっと大きいイメージを持っていたのですが、意外とまわりには何もなかったです(すみません)。

つづいては、レンタカーで徳島へ向かいます♪