片道だけで丸一日! – イギリス旅行記(夏編)①

イギリスどころか海外旅行も初。

もちろん、英語も話せませんが、ツアーではなく個人旅行を選択。

不安もありますが、なんとかなるでしょ!ということで行ってきました〜。

カタール航空にてまずはドーハへ

カタール航空

チェックインカウンターが大行列!?

3時間前に着いたのに、チェックインカウンターが行列が。なんと、台風の影響で前日の同じ便が欠航になったため、昨日乗れなかった人達が、大行列になっていたのです。

出発当日に台風が直撃せずホッとしていたんですが、こんなことになるとは。でもまぁ早めに到着したこともあり、問題なく搭乗手続きを済ませることができました。

まずはドーハじゃなくて、まずは関空だった

成田を出発し、ドーハに向かうものだと思っていたら、まずは関西国際空港へ。関空でさらに乗客を乗せて、ドーハに向かいます。関空でいったん降りたりする必要はないのですが、飛行機の中で待ち時間が発生します。

※ 2016年3月31日より関空-ドーハ線の運行を停止しています。

トイレの表示が分からなかった

機内でトイレに入ろうとした時のこと。表示が “vacant” となっています。

英語が分からない私は、「え?どっち?」と固まってしまいました。すると、乗務員さんが「どうぞ」みたいなジェスチャーをしてくれたので、空いていることが分かりました。open と close だと分かりやすいのにー!と思いましたが、それだと意味が違ってくるようで。正しい表記はこちら↓

occupied(使用中)/ vacant(空き)

覚えておきましょう\(^o^)/

トランジット地点のドーハ

ようやくトランジット地点のドーハに到着しました。すでに出発から13時間程経っています。さらにここで3時間半程待ち時間があります。

さすが中東ドーハ

飛行機から降りた瞬間。

暑い!

とにかく暑いんですよ〜。さすが中東、イメージ通りです。期待を裏切りません。その反面、空港内はすごく冷やされています。寒いぐらいなので、羽織るものを一枚持っているといいと思います。

冷水機の水は危険!

空港内に設置されている冷水機。ちょうどトイレから出たところにあったので、口に含みましたが、「飲んだらやばいかも?」という考えが頭をよぎり、そのまま口をゆすいで吐き出しました。海外の水道水は飲んではいけないってよく聞きますよね。

ところが相方は、すでに飲んでしまっていました…orz…。

その後相方は数日間腹痛で苦しむこととなりましたので、くれぐれも水道水にはご注意ください!

ドーハからロンドンへ

いよいよロンドンに向かいます!

ドーハからロンドンへの飛行時間は7時間半程。まだまだ長いです!

ビーフ or チキンでは無かった

機内食の時間。仮眠をしていたので、食事のメニューも全く把握していない状況で、乗務員さんになにやら聞かれます(もちろん英語)。何が食べたいのか聞いているんでしょうが、さっぱり分からない。とっさに、隣りの外国人の方の食べているものを指差して、同じものをいただくことができました。ミートパイみたいなものでした。食べられるもので良かったー、とひと安心。

ビーフ or チキンじゃないの? ていうか、メニュー表持ってきてほしかった・・・。日本発着だと日本語メニューがあったり日本人の乗務員がいたりしますが、トランジットで外国発→外国着の場合、日本人とか全く考慮されないので注意した方がいいですね。完全に油断していました。

片道5回の機内食(軽食含む)

成田→関空で、1回。

関空→ドーハで、2回。

ドーハ→ロンドンで、2回。

片道だけで、5回もの機内食がありました。多いなーと思ったんですが、片道だけで丸一日かかっているので、これくらいあってもいいのかもしれません。

片道だけで丸一日!

22日20:50 成田発 – 翌23日13:15 ロンドン着

と聞くと、そんなに時間がかからないように感じますが、日本時間で考えるとこうなります。

22日20:50 成田発 – 翌日23日21:15 ロンドン着

およそ丸一日です!いやー長い移動時間です。

 

次回はいよいよロンドン到着です♪