イギリス・ロンドンでの交通機関について

ロンドンでの移動手段として、主に地下鉄やバスを利用することになると思います。その他にタクシーも利用する機会もあるかもしれません。

いちばん使える地下鉄

UNDERGROUND

イギリスではSUBWAY(サブウェイ)ではなく、TUBE(チューブ)またはUNDERGROUND(アンダーグラウンド)といいます。

日本でも普段から電車を使っている人は、ロンドンでも同じ感覚で大丈夫です。路線図も東京の地下鉄となんとなく似てるなぁと思いました。

色分けされているので分かりやすいです。

オイスターカードが便利

ロンドンにも、SuicaやPASMOなどと同じようにオイスターカードという交通系ICカードがあります。これさえあれば、いちいち切符を買わずにどこでも行けます。

このオイスターカードは自動券売機のタッチパネルで購入することができます。

タッチパネルに触れて「日本語」を選択すると、スムーズです。ほとんどの券売機でクレジットカードが使えますが、まれに硬貨(コイン)のみしか使えない旧式の券売機もあるので注意が必要です。

改札の通り方

日本と同様ICカードを改札でタッチするだけです。黄色の丸いパネルにタッチします。なんとなく日本の改札よりも反応が遅い気がしたのですが、そう感じたのは私だけでしょうか。

紙のチケットの場合も挿入口がありますので迷うことはないでしょう。

地下鉄駅構内は分かりやすい

こちらも案内図があちこちにあるので迷うことはないと思います。

矢印の方向に進めば、乗りたいホームにたどり着きます。初めてでも地下鉄構内で迷うことはありませんでした。

Mind the gap とは?

駅のホームにいると、しつこいくらいこのアナウンスを聞きます。

“Mind the Gap(マインド・ザ・ギャップ)”

電車とホームのすき間に注意して!という意味です。

wayoutは出口という意味

ちなみに「WAY OUT」は出口になります。

ロンドンのバス

事前に路線図を調べておくか、なんとなくの土地勘がないと乗るのが難しいと感じました。バス停もたくさんありますが、行きたい方面にバスが来るとは限らないからです。そういう面では地下鉄の方が分かりやすいので初心者向けといえそうです。

乗車券もありますが、地下鉄で購入したオイスターカードを利用した方が便利です。地下鉄と同様、黄色いパネルにタッチします。

降りる時は日本と同様、降車ボタンがあるので、押すと次のバス停で止まってくれます。

タクシーを利用する

乗り方は日本とは違う

日本では、乗車してから行き先を告げますね。イギリスでは、まず窓越しに行き先を告げ、ドライバーの了承を得てから乗車します。車中はプラスチックの仕切りで運転席と後部座席が区切られています。

お支払い方法

精算時は、降りてから窓越しに支払います。仕切りの間にお金を入れるトレイがあるタクシーは車内での精算が可能です。

また、チップが必要となります。およそ料金の約10%程加算して支払います。また、それに近いキリの良い金額を支払うのがベターです。

日本にはチップの文化がないので、とっさに計算するのが難しいですね。端数を切り上げた金額を渡し、こう言うのがいいかと思います。

Please keep the change.(プリーズ・キープ・ザ・チェンジ)

– おつりはいりません・おつりはとっといてください

まとめ

個人的には、ロンドン市内だけなら地下鉄だけで十分かなと思います。初めてでも分かりやすいし、ほとんどの観光地に行くことができるからです。

それでもやっぱりロンドンバスには乗ってみたいですよね。私はあらかじめここからここまでバスに乗ると乗車区間を調べておいて乗りました。初めての旅行で、行き当たりばったりでバスに乗るのはちょっとむずかしいかなと感じました。

タクシーもあまり乗ることはないかもしれませんが、乗り方を見ておいて頭の片隅においておいた方がいいかもしれません。

今いる場所がわからなくなったり、乗る予定の列車が運行中止になったりと突然のトラブル時に役に立つかもしれません。

私も実際、地下鉄が止まるトラブルに見舞われました。

www.travel-note.info

異国の地ということと、何が起こるかわからないので、あらゆる交通手段を考えておいて損はないかなと思います。