ブリットレイルパス – ロンドン以外の地方に行くときにおすすめの鉄道パス

ロンドンから、ロンドン以外の地方に行く時にぜひ利用したい、乗り放題の鉄道パス(チケット)をご紹介します。

ブリットレイルパス

ブリットレイルパスとは

  • イギリス国内の列車に乗り放題(地下鉄などは除く)
  • 旅行者限定のチケットでイギリス在住の方は買えません

エリア内の鉄道が乗り放題

このチケットはエリア内であれば、どこでもどの時間帯でも鉄道に乗り放題となります。(地下鉄などは対象外です。)

地方に行く時の電車の料金ですが、同じ場所に行くのに日や時間帯によって金額が全然違います。

また、事前に安い切符を購入していても、時間通りに乗れるとも限りません。

切符を引き換えたりとトラブルにも対応できるという旅慣れた方はいいですが、海外という慣れない所で、窓口で問い合わせるなんて無理ー!というワタシのような人には特におすすめなパスです。

エリアを指定する

主なパスは以下の2つ。

★ブリットレイル・イングランド・パス

→ イングランド内乗り放題

★ブリットレイル・GB・パス

→ イングランド・スコットランド・ウェールズ内乗り放題

他にもイングランド近郊で使えるパスや、スコットランド内のみのパスなど複数種類がありますので、旅程に合わせて選んでみてください。

日程を指定する

パスにもよりますが、連日使用するタイプ(コンセキュティブ)か、1ヶ月の内で使用する日数を指定するタイプ(フレキシー)のどちらかを選択します。

★コンセキュティブ

→3日間、4日間、8日間、15日間、22日間、1ヶ月間の内から選択します。連日使用パスとなる為、有効期限は最初に使用した日から購入した期間となります。

★フレキシー

→1ヶ月の内で好きな日を選んで乗ることができます。3日間、4日間、8日間、15日間の4種類となります。

フレキシーの方が、好きな日を選んで乗れるので都合が良いですが、その分お値段は高くなります。

乗れば乗るほどお得

乗り放題のチケットなので、乗れば乗るほどお得です。

私は、ロンドンからマンチェスターとリバプールに行った時に、「ブリットレイル・イングランド・パス」を利用して行きました。

1回の旅行で2ヵ所・往復で4回乗っていますので、だいぶ得することができましたよ。

料金はレートによって日々変動しますので、購入サイトで確認してください。

ヴァリデーションが必要

このパスを使う時にはヴァリデーションという作業が必要となります。

通常は現地の鉄道会社の窓口にて、事前に購入した鉄道パスとパスポートを提示して、スタンプを押してもらいます。

現地でのヴァリデーションに不安がある方は、購入時に旅行会社でヴァリデーションをしてくれるサービス(有料)もありますので、安心です。ちなみに私は購入時にやってもらいましたので、当日窓口に行く必要がなく助かりました。

どこで買えるの?

英国政府観光庁オンラインショップでも買えますし、各旅行会社のサイトでも販売しています。

www.visitbritainshop.com