飛行機の機内持ち込みサイズを比較してみた

ANAやJALは預け荷物も無料ですが、LCCでは預け荷物はオプション(有料)というところがほとんどです。なので、機内持ち込み荷物だけで済ませようという人も多いのではないでしょうか。

また、ANAやJALを利用する時でも、待ち時間の短縮の為、機内持ち込み荷物だけで済ませたい時もありますね。

そんな機内持ち込み荷物ですが、規定のサイズが航空会社各社で違うことをご存知ですか?

また、制限があることを知っていても、少しぐらいオーバーしても大丈夫だろうと思っていませんか?

以前、手荷物検査場前にて、サイズオーバーをして係員の方から有料で預けるように言われていた人を見かけたことがあります。そうなってしまうと、カウンターに戻り料金を支払って受託手荷物(預け荷物)としなければなりません。

というわけで、「ちょっとぐらい超えても大丈夫だろう」と安易な考えは禁物ですよ。

航空各社の機内持ち込みサイズ一覧

機内持ち込みのスーツケースで済ませようと思っている方は必見です。

ちなみに、取っ手やキャスター部分も含むサイズとなります。

大きさで比較

ANAJAL: 55 x 40 x 25 cm *1

JetstarVanilla:56 x 36 x 23 cm

Peach:55 x 45 x 25 cm

各社で微妙に異なります。統一してくれるとありがたいのですが…。

重さで比較

ANAJALVanillaPeach:10kgまで

Jetstar:7kgまで

ほとんどの航空会社で10kg以下という規定の中、ジェットスターだけ独自の規定を貫いているようです。

機内持ち込み可能なスーツケースをご紹介

「機内持ち込み可」と記載があっても、すべての航空会社に当てはまるわけではありません。実際に探してみると、意外とすべてに当てはまるものは少なかったです。

というわけで、今回調べた5社すべての規定サイズ内に当てはまるスーツケースをご紹介してみようと思います。

丈夫なハードタイプ

トヨタ TRD スーツケース 35L 3.5kg 機内持込可 83420020 NV (NV)

中にはジャバラ式の仕切りがついているので、旅行というよりはビジネス出張向けかもしれません。スーツケース自体の重さは約3.5kgありますが、容量が35Lとこのサイズとしては大容量かと思います。

 

A.L.I ハードキャリー機内持ち込み可能サイズ ADY-8123-18 NV (ネイビー)

こちらのユニオンジャックがおしゃれなスーツケースは、ハードケースなので重さが2.7kgあります。荷物は残りの7.3kg詰められますね。容量は28Lなので、量的には少なめかもしれません。

軽さが魅力のソフトタイプ 

HAPI+TAS 折りたたみキャリー シフレ 29L 880g 豊富な柄 コンパクト

ソフトタイプは軽いので、重量を気にせずたくさん詰められるのでおすすめです。こちらのタイプは、なんと1kgを切っています。なので、単純計算であと9kgも荷物を詰めることができますね。

さいごに

決まった航空会社しか使わない!という人は、その航空会社の規定に合ったスーツケースを選べばいいですが、ワタシのように航空会社にこだわりはない人は、どの航空会社でも対応できるスーツケースを購入しておくのがベターかと思います。

*1:座席数100席未満は別途規定があります。