最終日にトラブル – イギリス旅行記(冬編)⑩

とうとう最終日。

ヒースロー空港を19時発の飛行機なので、最終日もまだまだ楽しめます。

ホテルをチェックアウト

出発は午後ですが、ホテルでスーツケースを預かってくれるので、先にチェックアウトを済ませました。今回は大きいホテルで、荷物預かり所がひと目で分かるようになっていて、スムーズに預けることができました。また、朝食やWi-Fiについても特に何も質問しなくても分かるようになっているので、不安なく滞在することができました。

個人個人にフレンドリーな対応ができる小さなホテルもいいですが、すべて整っていていちいち個人に構わない感じの大きなホテルの方が、私達には合っているなと感じました。

テムズ川沿いへ

前回夏にも訪れましたが、またやってきました。

そして、前回人が多くて乗れなかった観覧車、ロンドン・アイに乗りました。

ロンドンアイ

これだけ天気が悪いと、ロンドン・アイに乗る人も少なかったです。1カプセル25人まで乗れるそうですが、この日は3〜4人づつ乗ります。ほぼ貸し切り状態です。

ロンドン・アイから見下ろしたビッグベンです。天気が悪くていい写真が撮れなかったんですが、その天気の悪さもイギリスらしいということで。

紅茶屋さんでトラブル

つづいて、専門店で紅茶を買いたいということでトワイニングスへ向かいます。

トワイニングス

滞在中は常にスマホで位置情報を確認しながら移動をしていました。この時も、駅に降り立ってからスマホを見ながら、目的地トワイニングスに到着し、スマホを上着のポケットにしまいます。

そして、紅茶とお目当ての紅茶を入れる木箱を購入し、お店を出ます。そして、次はどこへ行こうかとスマホを取り出そうとすると、

「ない・・・。」

ポケットに入れていたスマホが無くなっていたのです!

慌ててお店に戻り、どこかに落ちていないか探しますが見つかりません。というか落ちるようなものでもないし、浅いポケットでもないので、おそらく盗られたのでしょう。海外ではスリに注意とよく聞きますが、まさか自分にそんなことが起こるとは想像もしていませんでした。

お店を出て、相方のスマホで調べてみると、ロンドンにもドコモショップがあるというではないですか!とりあえず止めてもらおうと急いでドコモショップへ行きました。

ですが結果、ドコモのSIMは出発前にスマホから抜いていて、モバイルルーターを使用していたので、スマホが使われて莫大な使用料が請求されるという事態にはならずに済みました。不幸中の幸いというやつでしょうか。

海外旅行保険にも加入していたので、盗難保険が適用されるようなのですが、警察への届け出が必要となります。日常会話もままならないのに、そんな事情が説明できるわけもなく(笑)届け出はせずに、お勉強代として諦めることにしました。

アップルストアへ

そんなスマホ盗難事件があった後ですが、アップルストアへ行くことに。

前はiPhoneを使っていて、つい3ヶ月ほど前にその盗られたスマホに変えたばかりだったのですが、すっかりiPhoneに慣れてしまっていて、実はそのスマホをあまり気に入っていなかったのです。なのでスマホは無くなってしまいましたが、iPhoneに戻れる!という気持ちもありました(笑)

ガラケーも持っているので、2台目はスマホ代わりにiPad-miniを買うのもいいなーなんて言いながら、見に行ったのです。ほんとに買ってしまおうかという話しにもなりましたが、いったん冷静になり、ロンドンで買うのはやめました。

電車がない!?

事件もあったことと、実は前日から風邪をひいていて熱っぽいので、早めに空港に行ってのんびりすることに。

そして、またトラブル発生。地下鉄に乗って、乗り換えもなく到着する予定でしたが、なにやら車内放送が流れ、途中駅で電車が止まって、乗客もみんな降りていきます。

何事かと思いましたが、降りてみると案内掲示板が。見てみると、どうやら途中駅間が工事で運行していないとのこと。一瞬パニックになりましたが、とりあえずみんなが進む方向について行きます。するとまた案内図があって、バスで先の駅まで乗せてくれるということが分かりました。ほっとひと安心で、バスを乗り継いで空港に無事到着することができました。

たまたまですが、余裕を持って出発していてよかったです。このトラブルも不幸中の幸いと言えるかもしれません。飛行機に間に合わなかったらそれこそ大変なことになりますから。

無事帰国

今考えると、トラブルも勉強になったと思います。不測の事態が起きても対応できるような準備をしておくことも大事だなと実感しました。

相次ぐトラブルに見舞われ、寒かったのでさらには風邪までひいてしまいましたが、いろんな経験ができた旅行となりました。